人を惹きつけてやまないアンティーク家具の魅力

アンティーク家具とビンテージ家具について

アンティーク家具とビンテージ家具の違い

ビンテージ家具とアンティーク家具、どちらも「古い家具」であることは間違いないのでしょうが、この言葉は、厳密に言えば違います。その違いについて見ていくことにしましょう。

 

アンティーク家具もビンテージ家具も、どちらもフランス語からきています。しかしアンティーク家具とビンテージ家具の違いを明確にする定義は、アメリカのものが採用されています。
アンティーク家具というのは、100年以上前に作られた家具を指します。現在は2014年ですから、1914年より以前に作られた家具ですね。

 

対してビンテージ家具の場合は、25年以上経過したものを指します。
つまりは、1989年以前に作られたものですね。

 

現在の使い方

しかしこれはアメリカの関税法での表記ですから、日本ではビンテージ家具もアンティーク家具も同じような意味合いで使われていることもあります。

 

ビンテージ家具であるにせよアンティーク家具であるにせよ、そこには、「今」作られたものにはない独特の風合いがあります。
これこそが、ビンテージ家具を愛するひとたちの心をとらえてやまない魅力でもあるのでしょう。

 

優しい茶色をしたものがビンテージ家具には多いのですが、ビンテージ家具はそれだけで部屋の印象を決定づけてしまうほどの存在感があります。
ちょっとお値段は張りますが、気に入ったものを選びたいですね。

 

厳選のおすすめアンティーク・ビンテージ家具

北欧風ビンテージ家具の魅力

木の素材をいかした素朴な風合いが特徴の北欧風家具は、年月の経過とともにより一層魅力を増してゆく家具のひとつです。
また、シンプルなデザインの家具が多いためビンテージものの北欧家具を購入しても部屋のレイアウト・調和に困ることはすくないでしょう。

 

そのためビンテージ家具をはじめて買うという人にもおすすめできるビンテージ家具だといえます。

 

北欧風のビンテージ家具をお探しなら、こちらのサイトも参考になります!高級な北欧家具・インテリアが欲しい人はこちら